気になる情報をチェック!

現在は日々の生活で少し気になったことの情報収集をしています。

少しでも気になったことが解消されたり、明日の話題の一つになれば幸いです!

主に若手選手や助っ人外国人選手、新人女優やグラビアアイドルについて掘り下げて書いています。
掘り当てた感と頑張っている人を応援できればいいなと思います!!

西武ライオンズ入団のマット・ダーモディ投手(マットダーモディー)の過去の成績や球速や球種!趣味は釣り?

スポンサーリンク
野球 助っ人外国人
スポンサーリンク

こんにちは!

西武ライオンズがちょっと遅めの助っ人外国人の人的補強を行いましたね。
マットダーモディー投手!!
コロナ禍なのでキャンプというよりはシーズンに合わせて来日ということなのでしょうね。
どこの球団もビザの関係でキャンプに間に合わないというような状況ですのでゆっくり決めたというところでしょうか?

マットダーモディー投手の過去の成績や球種や球速をまとめてみました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Matt Dermody(@matt_dermody)がシェアした投稿

スポンサーリンク

マットダーモディー選手の基本情報

マット・ダーモディー
Matt Dermody

国籍    アメリカ合衆国
出身地   アイオワ州ノーウォーク
生年月日  1990年7月4日
身長    約195.6 cm
体重    約86.2 kg
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り
2013年 MLBドラフト28巡目
初出場
2016年9月3日
経歴
ノーウォーク高等学校
アイオワ大学
トロント・ブルージェイズ (2016 – 2017)
シュガーランド・スキーターズ (2020)
シカゴ・カブス (2020)

高身長の左腕の投手となっています。
2m近い身長から考えると体型は細く感じます。

ただ高身長のサウスポーはバッターからするとかなり打ちにくいかもしれませんね。

スポンサーリンク

マットダーモディー投手のドラフト

マットダーモディー投手は面白い経歴の持ち主です。

ドラフトを4回指名しており4回目にして入団をしています。

2009年のMLBドラフト26巡目(全体776位)でピッツバーグ・パイレーツから指名されたが、この時は入団せずにアイオワ大学へ進学した。

2011年のMLBドラフト29巡目(全体888位)ではコロラド・ロッキーズから指名されたが、この時も入団せず。

2012年のMLBドラフト23巡目(全体723位)ではアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名されたが、この時も入団せず。

2013年のMLBドラフト28巡目(全体835位)でトロント・ブルージェイズから指名されてプロ入り。

過去3回のうち一回は大学進学という理由がありますが、過去の2回については理由は不明です。

大学を在学中というのもあるかもしれませんが、メジャーでも稀な経歴になっています。

マットダーモディー投手の結婚?妻、子供は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Matt Dermody(@matt_dermody)がシェアした投稿

マットダーモディー投手はおそらく結婚をしています。
奥さんはめちゃくちゃスタイルがいいですよね!

お子様の情報は今のところないので、今後情報が出てきたら追加していきます。

マットダーモディー投手の契約金と背番号

1年契約で年俸6千万円となっています。

背番号は98をつけるみたいですね。

不死身の男と呼ばれているマットダーモディー投手は過去の成績を見ると活躍の可能性をかなり秘めているかなと思っています。

その点を考えると西武ライオンズはお値打ちでマットダーモディー投手を獲得できた可能性がありますね。

 

マットダーモディー投手の成績

 

2020年メジャー成績

試合 イニング 奪三振 四死球 防御率
1 0 0 1 1 0 0.00

 

メジャー通算成績

試合 イニング 奪三振 四死球 防御率
29 2 0 26.1 21 8 5.13

 

マイナー通算成績(2013年〜19年)

試合 イニング 奪三振 四死球 防御率
178 23 11 342 293 88 3.68

※178試合中17試合で先発

 

AAA通算成績(2016年〜19年)

試合 イニング 奪三振 四死球 防御率
68 7 2 87.1 74 25 4.12

※68試合中1試合で先発

全体的に見ると登板数がそんなに多くないので不明ですがコントロールは特別良いというわけでは無さそうですね。
若干コントロールは悪いかもしれません。
ただ登板機会が増えればかゆお

マットダーモディー投手の球速と球種

球速

ストレートの最速は153.3km/hです。

これは2020年にメジャーリーグにて記録したものです。

このストレートの被打率がメジャー通算.182となっています。

球種

変化球の持ち玉は
スライダー・チェンジアップ・ツーシームです。

1番の武器はスライダーのようですね。

変化球の中ではスライダーの使用率が圧倒的多いみたいです。
ストレートとツーシーム系とスライダーのコンビネーションで投球するのが特徴です。

被打率もかなり低く、メジャーで登板が多かった17年のスライダーの被打率は.161(31打数5安打)でした。

マットダーモディー投手のコメントと渡辺久信GMのコメント

マット・ダーモディ投手コメント

埼玉西武ライオンズの一員になることができて大変光栄です。私の最大の目標は、ライオンズが日本一を勝ち取れるようチームに貢献することです!

渡辺久信球団本部ゼネラルマネジャーコメント

球が強いのが特徴で、かつ日本の野球にアジャストしそうなタイプの投手です。リリーフでも実績はありますが、左の先発投手として期待しています。

渡辺久信GMは先発起用を考えているみたいですね。

マットダーモディー投手は釣り好き?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Matt Dermody(@matt_dermody)がシェアした投稿

マットダーモディー投手はおそらく釣り好きだと思います。
インスタグラムにちょこちょことその状況の写真が出てきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Matt Dermody(@matt_dermody)がシェアした投稿

西武ライオンズということで、海のない埼玉県なので、釣りとなると少し難しいかもしれませんね。

最後に

打倒ソフトバンクへの西武ライオンズの補強がありましたね。

遅いと言われるとは思いますかま結果てきにどーだったかが、かなり重要ですよね。

マットダーモディー投手が、どんな成績を残すのか楽しみですね。
以上マットダーモディー投手についてでした!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
助っ人外国人野球
プロ野球名鑑と時々時事