気になる情報をチェック!

現在は日々の生活で少し気になったことの情報収集をしています。

少しでも気になったことが解消されたり、明日の話題の一つになれば幸いです!

主に若手選手や助っ人外国人選手、新人女優やグラビアアイドルについて掘り下げて書いています。
掘り当てた感と頑張っている人を応援できればいいなと思います!!

SNSを始めたのは撮影会の為?注目のグラビアアイドル有村架純似の小日向ゆかのwiki風プロフ!出身高校や事務所は?

スポンサーリンク
横浜 グラビア
スポンサーリンク

こんにちは!

今回はSNSで話題になりグラビアアイドルとして芸能界入りした小日向ゆかさんについて書いていきたいと思います。

インスタグラムではすでに10万人を超すフォロワーを持っています。
巷では有村架純さんにも似ているということで、今後メディアにも注目を浴びてくるのではないかなと思うので、所属事務所や芸能界入りの経緯などをまとめてみました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

小日向ゆか(@mogmog_yukappy)がシェアした投稿

スポンサーリンク

小日向ゆかwiki風プロフィール

生年月日  1997年8月26日
出身地   群馬県出身
身長160cm
スリーサイズ
B87 W62 H90
血液型A型

かわいすぎるインスタグラムで注目されたのがきっかけでグラビアデビューをされたそうです。

現在の2021年4月時点でのインスタグラムのフォロワー数は約123,000人となっています。

現状の駆け出しのグラビアアイドルとしてはかなり多い方ですよね。

 

スポンサーリンク

小日向ゆかの所属事務所は?

小日向ゆかさんの所属事務所は株式会社CONPASSという事務所に所属しているみたいですね。

所在地
東京都渋谷区神南1-17-3サンビル3階

所属モデルはホームページを見る限り小日向ゆかさんだけのように見られます。

ホームページにしてもモデル事務所のホームページというよりは個人会社のホームページのようにも見えるのであまり大きい事務所ではないのかなと思います。

もし詳細な情報が出てきたら追記しておきます。

 

小日向ゆかは有村架純と似ている?

 

この投稿をInstagramで見る

 

小日向ゆか(@mogmog_yukappy)がシェアした投稿

小日向ゆかさんは有村架純さんと似ていると話題になっています。
実際に写真を見比べてみると、、、

 

この投稿をInstagramで見る

 

小日向ゆか(@mogmog_yukappy)がシェアした投稿

写真を見てみると似ている写真と似てない写真がありますね、

小日向ゆかはSNSからグラビアアイドル?

小日向ゆかさんはSNSを始めたきっかけはコスプレイベントをやりたくてその為に始めたみたいですね。

その中で、人気がどんどん出てくるようになり今の芸能事務所から声がかかったのが芸能界入りの理由みたいですね。

本人は年齢的に厳しいのではないかと考えたそうですが、中学校時代からの憧れの職業というところで芸能界入りを決めたみたいですね。

小日向ゆかの出身高校

小日向ゆかさんの出身高校は不明となっていますね。
ただ週刊プレイボーイの取材では、高校時代はアルバイトの掛け持ちを多数していたと答えていますね。
朝はコンビニ、昼パスタ屋さん、夜に居酒屋の掛け持ちをしていたそうです。
学校行っている時間がないのではと思います。

もしかすると通信制の高校に通われていたのかもしれませんね。

出身地が群馬県ということですので群馬県にある通信制の高校は2019年度までは私立高校の認可はなかったみたいなので基本的には公立高校の通信制のみだったみたいですね。
公立高校は4校となっているので、4校はこちら

群馬県立太田フレックス高校、群馬県立桐生女子高校、群馬県立高崎高校、群馬県立前橋清陵高校

現状では出身地のみの公表となっているので高校時代を群馬県で過ごしているかはわかりません。

もし群馬県で過ごしていれば上記の4校どこかの可能性があるのかなと思います。

また、正式な情報が出たら追記しておきますね。

 

小日向ゆかのかわいい画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

小日向ゆか(@mogmog_yukappy)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

小日向ゆか(@mogmog_yukappy)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

小日向ゆか(@mogmog_yukappy)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

小日向ゆか(@mogmog_yukappy)がシェアした投稿

 

最後に

今年注目のグラビア小日向ゆかさんについてでした。
所属事務所も、大きくない中でどれだけプロデュース力が発揮されるのか楽しみですね。
時代の流れでSNSからの出身ということで、その辺りは上手そうですよね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
グラビア芸能
プロ野球名鑑と時々時事